統合エネルギー療法/ハンズオンヒーリングについて


 

まずは、「キレーション」と呼ばれる基本技術をもとに全身のエネルギーの浄化と充電を行います。どこかに滞りがあれば解消するよう働きかけながら調整をし、心と身体にエネルギーが満ち足りた状態になるよう行います。

 

そして始めに伺った症状や気になられている状態に合わせて、臓器、神経、チャクラなど その方その方に必要な身体の特定の部位へ働きかけていきます。

(例えば生理不順、更年期障害などがあれば、内分泌器官への働きかけを行ったりなどです。)

 

これにより身体の隅々に生命エネルギーが満ち、組織や臓器などが本来の働きを取り戻し、自身のあるべき健康な状態へと戻ることをサポートします。

 

 


キレーション

近代ハンズオン・ヒーリングを確立されたロザリン・ブリエール博士によって生みだされ、現在世界中の多くのヒーリングスクールで基本技術として使用されているヒーリングのテクニックです。

 

足から始まって頭の先まで、クライアントの全身を丁寧にまんべんなく浄化・チャージ(充電)し、心と身体をたっぷりのエネルギーで満たし、クライアント自身が「心地よい」と感じる状態へと促します。そして主訴となる個々の症状へと働きかけていく、心と身体の土台作りともなるものです。


クライアントの体調や症状によっては、特定の器官に特化したキレーションを行うこともあります。(リンパや神経、循環器系など)

 

キレーションは足~頭部までの各関節やチャクラに手を置き、ヒーラーがしっかりと安定して大地に根づいた状態でエネルギーを流していきます。このエネルギーはヒーラーのエネルギーではありません。安定して大地とつながり、大地からくみ上げたエネルギーです。この大地からのエネルギーがヒーラーの身体を通り、手を通してクライアントに流れ ていきます。

 

 

参考書籍

著書:光の輪(ロザリン・ブリエール著)

 


生命エネルギー場(ヒューマンエネルギー・フィールド/オーラ・フィールド)

ハンズオン・ヒーリングでは、生命エネルギー場の存在を考えます。

 

心と身体は密接なつながりを持っています。

身体の健康状態は心に影響を与え、心の在り方は身体に影響を与えます。

 

私たちの肉体を包み、それを超えて存在する生命エネルギー場は、心や身体の健康状態を反映しています。そして双方の関わりを仲立ちしています。


 ハンズオン・ヒーリングは、この生命エネルギー場に直接働きかけ、エネルギーの流れを整えたり、満たしたりしてスムーズで活力あるものにしていきます。そして、この場を介して心と身体を整え、それらが本来あるべく健康な状態へと戻っていけるようにサポートします。

 


エネルギーについて

身体に不調を感じる時、その身体のエネルギーレベルにおいても滞りが見られます。

 

例えば、どこかに切り傷などの怪我がある場合、エネルギーレベル(エネルギーの身体)においても、同じ場所に傷のように感じられる破れ目や他の怪我をしていない場所とは明らかに違う感触(質感や温度、色目など感じ方は様々ですが)を感じることができます。

 

通常私たちはエネルギーレベルで自分の身体を感じることをあまり意識していませんが、気配を感じる、空気を読むなどに表わされるように実際にはそれを感じ生活の中で使っていることも多いのです。

 

ハンズオン・ヒーリングを行う施術者(=統合エネルギー療法家)は、生命エネルギー場に働きかけていく力やそこにある心や身体の状態を感じとる力を、長期に渡る学びと訓練で身につけて提供しています。

 



 

ハンズオンヒーリング:約90分 10,000円

予約する


サポートできることはこちらです。

 

セッションの流れと回数についてはこちらです。

 

ハンズオンヒーリングの体験談はこちらです。