関係性エネルギー療法のセッションについて


セッション回数の目安

焦点を当てたい関係性・物事がはっきりとしている

場合は、自分はどうなっていくことを望んでいるのかを軸に、1週間~10日おきで6回のセッションを組んでいただくことをお勧めしています。これは集中して受けられることで土台が築かれ、もたらされる変化をより持続性のある、安定したものとできるからです。

 

6回のセッションを終えられ、更にまた6回と継続してご希望される場合、次の6回のセッションまでは2~3カ月ほどの間隔をあけていただいています。これは、6回で取組まれ、受け取られ、吸収された変化を、時間をおくことでご自身のものとして確実に身につけていただきたいためです。(この間ご希望の方には、月に1回のハンズオン・ヒーリングや関係性エネルギー療法で追加のサポートを行っています。)

 

 

焦点を当てたい関係性・物事がはっきりとしている

場合でも、1回毎で受けたい、とりあえず受けたい、自分なりに関係性エネルギー療法に手応えを感じてからどうするか決めたいなど、ご希望をお伝えください。

 

 

 


長期的に取組みたい場合

 

関係性エネルギー療法を受けてみよう、受けてみたいと思われた時は、上記に書きました「セッション回数の目安」を参考にしてください。

 

そして、ご自身にこのヒーリングが向いていると感じられ、関係性はもちろんのこと、ご自身の成長を促すサポートとして長期的に受けていきたいご希望を持たれた場合は、心理療法を受けられることを(相乗効果が生まれますので)お勧めします。

 

 

 


セッションの流れ

 

●インテーク:セッションを受けようと思われた理由をお伺いします。

 ↓

●ベッドに洋服のまま横になっていただきヒーリングを行います。

 ↓

●チャクラと、チャクラ・コードを中心に行います。

 ↓

●そのまま少し休んでいただいて、セッションは終了です。

 

*当日は浄化を促すために、ミネラルウォーターや白湯を多めにお取りいただき、アルコールやカフェインの強いものはお控えください。

 

*セッション後2日程(48時間程度)は、身体がエネルギーレベルで調整・統合されている状態です。ご自分の感情や物事の感じ方、捉え方などに意識を向けながら、できる限りごゆっくりとお過ごしいただくことをお勧めしています。

 

*上記の理由から、セッション後はあまりお話はしないようにしておりますが、セッション後3日~1週間くらいの間を空けて、その後の様子などをフィードバックしていただけるようお願いしています。

 

 


関係性エネルギー療法:約90分 10,000円

予約する